工場の交代勤務はきつい!睡眠障害などの病気やうつ?平均寿命を下げないために

こんにちは、まこやんです。

昔の話になりますが、私は高卒で就職したのですが、
工場内勤務を2年間ほどやっておりました。

 

そこでは昼夜2交代の勤務を1週間おきに交代するような
勤務形態でした。

 

その会社の方針や、業務内容によっても様々な交代勤務も
あるようですね。4班のチームを作って3種類の勤務体系を
ローテーションする方式もありました。

 

当時、私が経験していた時間帯はこんな感じでした。

 

  • 日勤:朝8時〜夕方17時
  • 夜勤:夜20時〜明け方5時

 

そこで、別な班との引き継ぎは、引き継ぎ帳などを使っていました。

 

が・・・しかし!!

 

忙しい時期は、毎日3時間残業でした。
つまり別班の人たちが出社してくるまで仕事をしていたんです。

そして土曜出勤もよくありましたね。

 

当時の私は18歳〜20歳くらいの年齢でしたが、
もともとスポーツなども嫌いで体力もありませんから
夜勤業務の時間帯では体調は良くなかったです。

 

交代勤務は平均寿命を下げる?

夜勤者は10年短命

フランス政府の委託で

「ヴィスナール教授が二万人の交代勤務労働者を対象に調査した結果、

夜勤は寿命を10年以上縮めるとの結論が出た。

夜勤労働者に最初にあらわれてくる症状はイライラ意気消沈

不眠胃病、これが次第に健康をむしばむ。

そこで同教授はフランス当局にたいして、夜勤交代労働は10年以上

させないことにするとか、そのあとの就職あっせんや再教育の機会を

保障することを要求した」

引用元:『朝日新聞』1976年11月20日

 

あなたは自分の生活のため、もしくは趣味のために
今の仕事を頑張って続けていますよね。

 

しかし、今のまま10年も20年も同じ生活を続けられるか?
そんな不安もあるでしょう。

 

そして、この私の記事に目が止まったかもしれませんね。

 

このブログでは、1日2時間程度の時間を作ってブログなどの
インターネット上の資産を形成して、安定的に報酬を得てもらう。
それをあなたにも出来るように解説させていただいております。

 

私が工場内勤務で夜勤をしていた頃には
インターネットはありませんでした。

 

今のあなたは、幸運ですよ。
パソコンひとつで給料以上に報酬を得られる方法が
目の前にあるのですから!

 

友達や家族に迷惑をかけずに、毎日コツコツとパソコン作業で
3ヵ月〜半年も続けていれば、月収10万円も可能です。

 

慣れてくれば、その報酬を元手にして外注化などを活用し
さらに報酬を10倍にレバレッジをかける事だったできますよ。

 

そして、あなた一人ではありませんよ。
私も居ますし、私の仲間たちとあなたとの交流の場も作っていきます。

 

まずは、最初の一歩を踏みだしてみませんか?
私の無料メルマガはいつでも登録できますから、お待ちしておりますね。


いかがでしたか?
気に入っていただけましたら、ポチッとバナーをクリックしてくださいね↓

“工場の交代勤務はきつい!睡眠障害などの病気やうつ?平均寿命を下げないために” への2件のフィードバック

  1. hiro より:

    まこやんさん、
    こんばんはhiroです。

    この先、不安は多いです。
    何とか成果出せる様になりたいです。
    まずは手を動かさなければ・・ですね。

    応援ポチ完了です。
    また訪問させて頂きますね。

    • まこやん より:

      hiroさん
      いつもコメントありがとうございます。
      私は先日の怪我の関係で、ちょっと失速しておりましたが、何とか早期復帰ができました。
      hiroさんのおっしゃるとおり、手を動かすだけですからね。
      私自身も頑張っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です